2022年07月18日

定期健康診断で確認すべきことは?

定期健康診断で確認すべきことは?


このユニットでは、従業員の健康診断を実施します。 近年、このユニットでは、ほぼ毎年、このような従業員向けの総合的な健康診断を実施しています。 ただし、検診費用や病院選びを考えると、年によって多少の変動はあるようです心理治療。 それでは、プロの視点からお伝えするポイントをいくつかまとめておきますので、参考にしてください。


人間の身体は知らず知らずのうちに老化していく過程で機能するので、年を取ってからでは健康診断の意味がなくなってしまうのです。健康診断とは、病気の有無を調べるものではなく、健康な時に病気の有無をスクリーニングするものです。だから、30歳を過ぎたら必ず健康診断に行くべきだと思うんです。特に普段から運動が苦手な人は、早めに健康診断を受けておくとよいでしょう。活動的で楽観的であれば、35歳まで健康診断を延期することができます。最初の5、6年は2年に1回の検診でOKですが、レズビアンは乳房の健康と子宮頸がん病変の早期発見のために、年に1回の婦人科検診を受けるようにしましょう。36、7歳までに、男女ともに年1回の検診を検討する必要があります。


各検診を受ける人が利用できるようにすべき医療スクリーニングサービスのプロジェクト管理は、次のとおりです:血圧、身長、体重測定、肝機能、B型肝炎と半分、A型肝炎、C型肝炎、血糖、血中脂質、コレステロール、血液粘度、腎機能、尿酸、血沈、血液カルシウム、定期血算、尿検査、検査を通じて腫瘍細胞マーカー、心電、脳波、胸、首、腰X線、全腹部超音波身體檢查
、男性のための前立腺超音波検査。 検査内容は、全腹部超音波検査、男性は前立腺の超音波検査、女性は両乳房の超音波検査、経頭蓋ドプラ、CT、女性の場合はマンモグラフィー、職業病のスクリーニングなどです。


特定健診は、年齢に応じて選択することができます。40歳未満の人は、血液粘度、ESR、カルシウム、脂質、コレステロールの検査を受けないことを検討してもよいでしょう。頚椎症になりやすい人は、長時間のデスクワークの場合、経頭蓋ドップラー検査を検討するとよいでしょう。


レズビアンは年に一度、両胸の超音波検査を受け、深刻な問題がある場合はマンモグラフィーによる乳がん検診を受けるとよいでしょう。 乳がんの家族歴がある方は、来年、マンモグラフィー検査を受けることを検討してください。 子宮頸がんや乳がんの罹患率が年々増加し、若年化している現在、レズビアンは女性検診を意識し、面倒や恥ずかしさを恐れず、隠れた問題を発見し、治療や病気の予防に間に合わせたいものです。


禁煙とアルコール制限を心がける。 私がタバコを吸ったりお酒を飲んだりしても、何の問題もないと思っているゲイの人は多い。 実は、喫煙や飲酒の害はすぐには現れないのです。 体内に長期間蓄積される。 体の機能が老化すると、その弊害が一気に噴出し、病気が続発することがあります。 体の調子が悪いときは、タバコもお酒も、まったくやめないより、やめたほうがいいんです。 今からでも遅くはないが、手遅れになる前にダムを作って防いだ方がずっといい。


次に気をつけなければならないのは、異常が発見されたとき、「私は何も感じないから」と無視せず、注意を払わなければならないということです。 症状がないことは、体が最良の状態にあることを示すために重要ではありません、さらに診断した後、我々は専門医の指導と治療を求める必要があります、生活や勉強の健康的な方法を選択し、積極的に病気の治療に影響を与える、しばしば社会と身体活動、運動、良い精神状態の維持への参加を通じて。


相關文章:


每年做好身體檢查,是否在預防癌症? 推薦六種癌症篩查


體檢一般應檢查哪些項目? 四個不同的群體有不同的需求


最詳細的體檢指南來啦





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。