2022年07月07日

5点式3Dプリンターのメリットの一例

5点式3Dプリンターのメリットの一例

実は、わが国でも何年も前から3Dプリンターは企業でも登場しており、わが国の研究だけが遅れて導入されたのです。 従来のプリンターと比較して、3Dプリンターの仕事や多くの利点があり、学生の空間デザインの将来の発展にも非常に重要でありonline payment providers、その5つのポイントについて話をするために次の。


1.ゼロスキル製造


伝統工芸の職人は、必要な技術を身につけるために何年もの修行が必要です。大量生産やコンピューター制御の製造機械によって熟練度は下がったが、従来の製造機械では、機械の調整や修正を行うために熟練した専門家が必要である。3Dプリンターは、設計ファイルから指示を受け、射出成形機と同じ複雑な物体を製造するのに必要な専門知識が少なくて済みます。未熟練者製造は、遠隔地や極限状態にある人々のために新しい生産プロセスを導くことができる新しいビジネスモデルを切り開きます。


2.スペースレス、ポータブルなものづくり


1台あたりの生産スペースでいえば、3Dプリンターは従来の製造機械よりも生産力が高いのです。 例えば、射出成形機では、自分よりずっと小さいものしか作れません。 それに対して、3Dプリンターは、プリントテーブルと同じ大きさのものを作ることができる。3Dプリンターは、一度依頼すれば、プリント装置を自由に動かすことができ、自分よりも大きなものを作ることができる。 whatsminer m31
単位面積当たりの処理能力が高いため、物理的なスペースが少なくて済む3Dプリンターは、家庭やオフィスでの使用に適しています。


3.廃棄物副産物の削減


金属製品製造企業における従来の技術と比較すると、3Dプリンターは、金属を製造する際に発生する副産物の影響を少なくするように設計されています。 中国の伝統的な金属加工は膨大な量の金属を消費し、原材料の9割が工場に残されています。 3Dプリンターは、金属を製造する際の消費量を少なくします。 プリント建材の発展に伴い、「ネットシェイプ」製造システムは、徐々に環境に優しい加工方法になっていくと思われます。


4.素材の組み合わせは無限大


従来の製造機械では、切削加工や金型成形の際に複数の原材料を組み合わせることが難しかったため、現在の製造機械では、異なる原材料を組み合わせて1つの製品にすることが困難になっています。マルチマテリアル3Dプリント技術の発展により、異なる原材料を一緒に組み合わせることができるようになりました。これまで混ぜることのできなかった成分を混ぜることで、
3d molding新しい素材が生まれ、中には様々な音色やユニークな特性・機能を持つものもある。


5.正確な物理的コピー


デジタル音楽ファイルは無限にコピーすることができ、音質も損なわれることはありません。 将来的には、3Dプリンターによって、デジタルの精密さが物理的な世界にまで拡大されるでしょう。 スキャン技術と3Dプリント技術は、物理世界とデジタル世界の間の形態変換の解像度を相互に高め、物理オブジェクトをスキャン、編集、複製して、正確なレプリカを作成したり、オリジナルを最適化することができるようになります。


相關文章:


子供向け3Dプリントの何がいけないのか? あなたが知ることのできる理由


3Dプリンター、ソリューション機器、技術、アプリケーションなど、ホットな情報をお見逃しなく


自分たちが知らないだけで、3Dプリンターには他にどんな分析用途があるのだろう?





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。